わろてんか(動画)39話ネタバレ(11月15日) 藤吉と伊能が大げんか

わろてんか 動画 39話 ネタバレ 11月15日

わろてんか39話のネタバレや感想をお届けします。

今回は、藤吉と伊能が大げんか!

果たしてどうなってしまうのでしょうか??

 

わろてんか39話のネタバレ

4日目

開業から4日たった風鳥亭ですが、閑古鳥が泣いているのでした。

お金を計算して、借金が返せないと話す藤吉。

てんは針仕事を始めるから、藤吉に寄席に集中してほしいと話ます。

 

 

売れっ子の噺家を連れてくるという話をする藤吉。

しかし、キースたちから噺家の格が下がることや派閥争いに巻き込まれることになると話を聞く。

あさりは、歌舞伎のように伝統派150人いることを説明。

そこにキースがおチャラケ派は80人いることを説明。

二人はほうき棒を持って、チャンバラを始めます。

 

吉蔵はそんななかで、人を流してはくれないというのですが、藤吉は諦めません。

「みなの芸を見てもらいたいんや」という藤吉にてんも、続いて、「風鳥亭はうちらの夢を叶える小屋というだけではありません。みなさんの夢を叶える場所でもあります。どうかみなさんで一緒に風鳥亭を育ててやっておくれやす」と話すのでした。

 

一生懸命に客を引くあさりの様子を見て藤吉ははにかみ交渉に出かけます。

 

伝統派とおチャラケ派

藤吉は伝統派の落語家にうなぎをおごり話をしますが、落語家はうなぎが「並」であることに怒りを感じます。

藤吉が一生懸命、話すのですが、取り合ってくれません。

 

続いて、おチャラケ派の寺ギンの元を訪れます。

頭を下げますが、「伝統派がでんから困ってきただけやろ」と寺ギン。

 

「わしは笑えたらなんでもいい」と寺ギン。

安くて笑えるものを提供するためには伝統派の目障りな奴らを潰さないといけないため、取り合っている暇はないというのでした。

 

伊能

藤吉が帰ると伊能がやってきていました。

「一杯どうですか?」と誘われる藤吉。

 

・・・

「どうして寄席なんか?」と伊能。

「それは、たくさんの人を笑顔にしたいからです」と藤吉。

「あの芸人たちで?」と伊能。

「いまはまだ始めたばかりで、上手くいってませんけれども、それなりの噺家に出てもろたらきっと上手くいくと思うてます」と藤吉。

「なんで落語にこだわるの?」と伊能。

「なんも知らんのですなあ。落語は芸のてっぺん。噺家の出えへん寄席なんて、寄席やあらへん。出ている噺家の格で寄席の格は決まる」

「イロモンの芸人は、ええ噺家が出てる寄席に出るのを夢見て頑張る。そういうもんなんです。おれもそうやった。そやから、あいつら芸人のためにも、ええ噺家に出てもらいたいんです」と藤吉。

「なるほど。くだらないなあ」と伊能。

「くだらん?」と藤吉。

「寄席のダメ芸人のため。一番大事なのは、お客なんじゃないかな。寄席の客は寄席の格や君らの夢なんでどうでもいい。ただ笑いさえすれば」

「たくさんの人に笑ってほしいなら、お客が面白いと思える芸人に出てもらうべきじゃないか」

「落語がどうのこうのとこだわる意味がわからないな」と伊能。

 

藤吉は伊能の腕を掴み、「おれは落語が好きや」といいます。

立ち上がり、伊能の胸ぐらを掴み、「落語は面白い。芸のこと知らんあんたにとやかく言われる筋合いはあらへん」と藤吉。

 

「そんな甘い考えでおてんさんを幸せにできると思っているのか?」と伊能。

「なんやと」と藤吉がいった途端に伊能から投げ飛ばされます。

 

「なにすんねん!」と伊能に殴りかかる藤吉。

二人は取っ組み合いのけんかになります。

 

客人

酔っ払った伊能と藤吉は肩を組み家に戻ってきます。

 

「お母ちゃん客人や」と藤吉。

啄子は「なんやこんな夜中に大声で」といいつつ迎え入れます。

「夜分遅くに失礼します」と伊能。

 

お茶を入れるてん。

西洋の活動写真を日本に広めることが夢なんやと伊能の夢の話をする藤吉。

フィルムと輸入し始めたという話になります。

ゆくゆくは自分で活動写真を作りたいという伊能の夢の話をする酔った藤吉。

「でっかい夢やろ」と藤吉は笑顔になります。

 

伊能は、本業は他の人に任せて活動していることを親から怒られて、勘当同然であることを打ち明けるのでした。

啄子がやってきてきます。

「あの伊能製薬の御仁が親の反対を押し切ってまでご自分の夢を?」

「ごりっぱですな」と啄子。

 

「どっちもでっかい夢や」と藤吉。

「その通り」と伊能。

おかわりといいつつ、藤吉は眠ってしまいます。

 

「男はんっていうのは、夢ばっかり語って酔いつぶれて、気楽なもんやなあ」

「そやから、女子の助けがなくてはならんのや、芸人探しであれなんであれ、手綱をしめるのがあんたの仕事。ええな」と啄子。

「はい」とてん。

 

・・・

目覚める伊能。

襖をあげるとまだ、てんか針仕事をしているのでした。

 

「僕の母親も、よくそうやって夜なべしてたよ」「叱ってくれる母親がいるのはいいもんだ。僕の母親はどこにいるのかもわからない」と伊能。

「へ?」とてん。

「僕は本家の子じゃない。東京の目かけの子だ。中学のときに大阪に引き取られた。長男があとを継げなくなったときの保険としてね」と伊能。

 

座る伊能。

「母は活動写真が好きでね。よく活動写真を見に行った。だから、いつか自分の手で母が好きな活動写真を作りたい。そう思った」

「僕の作った活動写真で日本中を感動させたい」と伊能。

 

「ほな、うちらは日本中を笑わせます」とてん。

「どっちが先か競争だ」と伊能。

二人は笑いあいます。

 

・・・

伊能は帰るといいます。

てんは心配しますが、伊能は月夜の散歩も悪くないというのでした。

「一つ藤吉くんに伝えておいてほしいんだ。落語家を探しているなら、文鳥師匠にあってみないかって」

「文鳥師匠って・・・」とてん。

「伝統派の落語家、総勢150人を束ねる大看板だ」と伊能。

「そんな、どうやって?」とてん。

 

わろてんか39話の感想

https://twitter.com/ichiberrytan/status/930672749273632769

様々な意見が交わされている39話ですが、やはり話題に上がったのは高橋一生さん演じる栞さま。

喧嘩のシーンが反響を呼びました。

 

わろてんか39話の動画を今すぐ見る方法

わろてんかの39話の動画を視聴するのであればU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTはメジャーな動画配信サービスの1つ。月額は1,990円のところ今なら31日無料お試し可能です。

通常は108ポイントかかてしまうのですが、登録時に600ポイントもらえるのですぐに動画が視聴できます。

 

登録方法は以下の通りです。

1.U-NEXTにアクセスして『無料トライアルで試してみる』をクリック

2.お客様情報を入力して次へ

3.決済情報を入力して登録完了へ

登録はおおよそ2,3分しかかかりません。

決済情報の入力画面で無料期間が表示されますので、スクリーンショットなどで画面を保存しておきましょう。

まとめ

わろてんかの39話では、伊能と藤吉が大げんか!

しかし、夢を語って仲良くなって、しかも、伊能から伝統派のトップである落語家・文鳥師匠にあってみないかという話をもらうのでした。

果たして千載一遇(せんざいいちぐう)のチャンスを活かせるのでしょうか?

見逃したドラマが今すぐみれるって知ってる? 見逃したドラマを視聴する方法

スマホでもタブレットでも、パソコンがあればいつでもどこでも、ネットでドラマが見れる時代になりました。

無料トライアル期間中に解約すれば、月額料金は一切発生しません。

PandoraやDailymotionなどにアップロードされている動画は違法です。当サイトでは安全に高画質で視聴していただけるサービスのみご紹介しています。

※配信状況は変更になる可能性があります。配信先にて一度ご確認の上ご登録下さい。

FOD(フジテレビオンデマンド)
  • フジテレビ作品全般

FODをお試し

Hulu

  • 日テレ系作品全般

Huluをお試し

U-NEXT

  • 朝ドラ
  • テレ朝系作品
  • フジテレビ火曜22時枠

U-NEXTをお試し

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。