わろてんかネタバレ感想第1週一覧(1~6話)【わろたらアカン】

わろてんか ネタバレ 感想 第1週 1話

※2017年10月7日更新

いよいよスタートしたわろてんか。

第1週のネタバレや感想の情報をお届けしていきます。

随時更新していきますので見逃した方はどうぞ!

 

またキャスト情報を知らないという方はコチラから↓

 

わろてんか第1週ネタバレ感想まとめ【わろたらアカン】

わろてんか1話のネタバレ

オープニング

舞台は明治35年京都。

てんは、風太と落語を見にきます。

 

落語を見て上機嫌になるてん。

しかし、無銭ではいったことがバレてしまいます!

 

てんたちが、うまく捕まらないように逃げていると、落語を見にきていた人たちは大の大人がてんを捕まえられない様子を見て大ウケ!笑

その様子を見て、てんは思わず笑顔になります!

 

頑固オヤジとゲラのてん

京都1、2をあらそう藤岡屋から父・儀兵衛が店からでてくると、取り巻きたちが頭をさげます。

 

ギョロ目の鬼さんというあだ名がついているとのこと。

儀兵衛が止まってくしゃみをすると、周りの人がずっこけます!笑

 

シーンが変わって儀兵衛が働いている様子が映されます。

使用人からは背中にも目があると恐れられている儀兵衛。

手伝いの風太は薬草を食べているのがバレてしまいます。

 

そのころ、てんは畳で寝そべっているとそこに、ちょうちょがやってきて鼻にとまります。

てんは笑い出します。とにかく笑い上戸なのでした。

 

しつけ

儀兵衛、母のしず、兄の新一、妹のりんや風太と食事をするてん。

新一がしずの料理が天下一と褒めると、わざとウロコごと皮を残したと明かすしず。

「目からウロコの料理やな」と新一がいうと、てんたちは爆笑!

 

儀兵衛が「食べている最中に笑うでない!」と嗜めると風太はご飯を喉に詰まらせてしまいます!!

「あんたのことやあらへんで、ほら、てん」としずはてんに促(うなが)します。

 

てんが「すまへん」と謝ると・・・

儀兵衛は箸を音をたてて置くと、一斉に箸を置く使用人たち・・・

 

「人の命にかかわる薬屋の娘が、ゲラ(笑い上戸)がすぎる」

「近々ドイツの薬社長の御一家を招いての、大事なホームパーティーもある」と話します。

 

「ホームパーティー」と聞き返すてんたち。

 

儀兵衛に「それまでに笑いグセを治すんや」と言われてしまいます・・・

 

すると祖母のハツがてんをしつけすると言い出します・・・

礼儀のしごきを受けるてん。

「こんなことしても・・・」と言いますが、ハツは譲らず・・・

「へえ・・・」と思わず頷くのでした。

 

新一のアドバイス

てんは、風太とお笑いを見に行こうとするも、儀兵衛の言葉が脳裏に蘇ってやめてしまいます。

 

新一と風太と歩くてん。

「げらを止める方法はなんやろか、しかられてばっかりや」とつぶやく、てん。

新一は「僕は好きやで、てんの笑い上戸」と返します。

「へ?」と驚くてん。

「よう笑うということは人に悲しみには敏感だということだと僕は思う」と新一。

「お前が笑うとみんなが楽しくなる」「笑いはうつるんや」と続けます。

 

風太も同意しつつ、なにかあったら笑うのを止めるといいます。

 

ホームパーティー

いよいよ、ドイツの薬会社の一家がやってきます。

新一が通訳しながら接客する儀兵衛。

 

てんは、自己紹介を促されますが、なんと、ちょうちょがドイツ人社長の頭の上に!笑

必死に笑いをこらえながら、自己紹介をします。

 

いざ食事になると・・・

 

風太が頑張ってちょうちょを飛ばそうとしますが、もう1匹ちょうちょが、ドイツ人社長の頭について耳のように見えてしまいます!笑

 

我慢できずにてんは爆笑!

その弾みでテーブルに乗っていた、食べ物や薬まで割ってしまいます。

怒ったドイツ人社長一家は帰ってしまいます・・・

 

「なんてことしてくれるだ」と儀兵衛は怒り心頭。

 

てんを抱えてくらに連れて行き、「金輪際(こんりんざい)わろたらあかん」と儀兵衛。

くらに閉じ込めてしまいます!

 

笑い禁止令を食らったてんですが、実はこれがのちに運命的な出会いをうむことになるのでした。

 

わろてんか1話の感想

 

感想としてはちょうちょが頭に止まったときの破壊力がヤバい!といった声が多数。

他にも出演者に対するコメントが目立ちしました。

一方で、演出がちょっと過剰で、「先々見ていて笑えないシーンもあるのかな・・・」と不安に感じる方もいるようです。

長丁場なのでどうなるかわかりませんが、第1週目で方向性を使いみたい方も多いみたいですね。

 

わろてんか2話のネタバレ

わろたらあかん

てんは「わろたらあかん、そんなんむりや・・・」とつぶやきます。

「おれのせいや・・・」とうなだれる風太。

『笑い禁止令』はてんに重くのしかかるのでした・・・

 

そこにやってきた母・しずは二人を元気付けようとしますが、祖母のハツからたしなめられます。

 

兄の新一は「自分が話してみる」といいます。

ハツも新一ならと納得。

喜んで笑う風太ですが・・・そこに儀兵衛が!

 

慌てる風太。

おはようさんと皆で頭を下げます。

 

外に出る風太とてん。笑はないように、顔を横にひっぱっる練習をします。

 

お稽古

縁側(えんがわ)でハツと話すてん。

ハツから何回頰(ほお)をつねったか聞かれて数えるてん。

数え切れないくらいであるため、「もうええ」とハツ。

しっかりお稽古を続ければ、笑い禁止令がとけるかもしれないとてんにアドバイスをします。

 

てんは一生懸命に稽古に励みます。

生け花に、お琴・・・

お琴をひいていると儀兵衛がやってきて、「しっかり身につけなさい」と暖かい眼差しで伝え、お琴に合わせて歌い始めます。

義べえの前でお琴をひくとてんは間違えてしまいます・・・

 

新一倒れる!

縁側でうつらうつらしていると、しずから羽織をかけてもらうてん。

お父さんが自分のことを嫌いなのでは・・・とてんは言いますが、「子供のことを嫌いな親はいない」としずは言います。

そして、しずから父の努力を聞かされます・・・

 

その夜、床につき考えるてん。

寝れずに父の元を訪れると・・・

薬品会社に辞書を見ながら必死になって手紙を書く、父の姿が・・・

 

てんが声をかけられずにいると、奥から咳(せき)の音が・・・

てんが駆けつけると新一は咳が止まらずに倒れ込んでいました。

大きな声を出すと、儀兵衛が慌ててやってきます。

 

布団で寝て安静にする新一を診断する医師。

医師からは学校を休学して療養した方がいいと言われてしまいます。

「わかりました」と儀兵衛・・・

 

てんの名前の由来

てんはしずから新一の近くに行かないようにと言われてしまいます。

てんは「げらでいいことないんかな・・・」と落ち込みますが・・・

新一が喘息になったときにから、てんがよく笑うようになったことやそれでみんなが明るくなったことを打ち明けられます。

 

「あんたの名前はなあ、お天道様からいただいたんや」

いつでもお天道さまのようにみんなを照らしてほしいといったてんの名前の由来を話をされるのでした。

 

新一の元を訪れるてん。

笑わないようにほお引っ張りますが、『笑って大丈夫』と新一から言われます。

てんの笑顔を見ると自分も頑張らないとと思うようになるから、と新一は言葉をかけるのでした・・・

 

薬のお祭り

薬の祭りが開かれます。

 

そこには、てんの運命を大きく変える男の姿が・・・

藤吉(松坂桃李)は舞台を見てわくわくしたような笑顔になります。

 

わろてんか2話の感想

https://twitter.com/k_makoboo/status/915063995928690688

https://twitter.com/rurisoraedga/status/915063976358113281

 

2話では家族の暖かさが描かれていました。

千葉雄大さん演じる新一の優しさやおばちゃんのハツ、母のしずの暖かさ。

そして、厳しくも娘想いな儀兵衛と素敵な家族ですね。

 

松坂桃李さんで1話、2話とも終わったちょい出し作戦に注目している人も多かったですね。

 

わろてんか3話のネタバレ

大忙し

儀兵衛やしずは祭りの準備で大忙し。

風太は、儀兵衛の険しい顔を見て、「なんでこんな顔してるんやろうな」と目を人差指で釣り上げます。

 

笑顔で「やめて〜」とてん。二人で目を指で釣り上げて儀兵衛真似をしつつカメラ目線に(笑)

 

祭りの準備

ハツと一緒に祭りの準備を手伝うてんとりん。

チョコレートをもらえると期待感が膨らみます。

当時はチョコレートをもらえることが珍しかったのです。

 

一方、風太は何も手伝っておらず、こっそりとチョコレートに手を伸ばしますが・・・

伸ばした手をハツば棒でしばきます!

 

「この家には大きなねずみがいるようですな」とハツ。

「すんまへん!」と風太は謝ります。

 

風太はてんにこっそり抜け出して、大阪から来ている一座の寄せを見に行こうと提案。

「とにかく笑えるらしい」という風太ですが、てんは父から怒られてしまうからと乗り気ではありません。

「ほんならお前は一生こーんな顔しているつもりか?」と儀兵衛の真似をする風太。

てんはどこかにいってしまいます。

 

風太が目を開けると・・・

そこには怒りの形相の儀兵衛が!!

「ぎゃー!!すんまへん!!」と驚く風太なのでした。

 

てんは、縁側にいる新一の元へ。

小さいころは父の目を盗んで、よくお笑いを見にいったことを明かされます。

 

てん走る

新一の話を聞いたてんは祭りへ!

風太と待ち合わせていましたが、『間に合わない』と風太がおぶって走ります!

 

落語の寄せに忍び込んで、こんなにたくさんの人が笑っていることに喜びを感じるてん。

しかし、「お前らどっから忍び込んだんや!」と見つかってしまいます!!

(1話のオープニングの場面に!)

逃げる二人。

大の大人が捕まえられずに、みなが笑う姿を見て、てんは笑いの力を実感します。

 

逃げる逃げる

てんたちが逃げていると、横から男二人が声をかけてきます。

そのうちの1日が藤村藤吉(松坂桃李)でした。

藤吉はこけてしまうと、追っての声が後ろからします。

 

草陰に隠れる藤吉。

追ってやって来て、どっちにいったか聞かれる風太とてん。嘘を教えて藤吉は難を逃れます。

 

すると、てんたちの追っ手がそのあとにやってきます。

風太が囮になって逃げますが、もう一人の追っ手が、てんの元へ。

藤吉はてんを抱えて逃げることに・・・

 

神社の中に隠れて、てんの口を塞ぐ藤吉。

難を逃れることに成功します!

 

運命の出会い

藤吉は追っ手がいなくなったことを確認して、立ち上がると頭をぶつけてしまいます。

心配するてん。

 

藤吉は無料と思って食事したら騙されて法外なお金を請求されたキースを助けるために追っ手に追われていたのでした。

(お腹の音がなる藤吉)

てんは藤吉にチョコレートをあげます。

「うーん、うまいなあ」と藤吉。

 

藤吉が芸人とわかると、テンションが上がるてん。

「日本一芸人や」と話を盛って話す藤吉にてんは「日本一!?」と大喜び。

 

藤吉はてんの名前を聞きます。

名前を聞いて「いい名前や」と藤吉。

てんは家の中では、笑ったいけないことを打ち明けます。

 

「わしが、いいこと教えたる・・・」

「笑いは何色か知っているか?」

と話しているとそこに風太がやってきます。

 

警戒して藤吉を質問ぜめにする風太。

そこにキースもやってきます。

「お前も誰やー」と風太。

てんは「お父さんに怒られる!」と早く風太の手を引いて帰るのでした。

 

わろてんか3話の感想

https://twitter.com/na10ma091/status/915436283861786627

3話では鈴木福くん演じる風太の用心棒ぶりが発揮!

それ以外も、松坂桃李さんや千葉雄大さんなど路線の違ったイケメン俳優に癒される女性たちが続出しています。

一方で高橋一生さんガチ勢からは「いつでるの!?」といった声も。

笑いの色は何色かといったセリフは伏線になってきそうですね。

 

わろてんか4話のネタバレ

恋?

こっそり戻るてんと風太。

すると、儀兵衛に見つかってしまいます!

慌てて言い訳する風太に儀兵衛は特に追求はしませんでしたが、少し考えるような表情。

 

てんは髪型などを直してもらいます。

「ええやつなんや・・・」とつぶやくてんに、風太は「嘘や嘘!カス芸人に決まっとる」と反発!

てんは『むっ』とした表情になります。

 

「風太がそんないに『焼く』ほど素敵な人やったんか?」としずが聞くと・・・

  • 風太:「そんなんやない」
  • てん:「そうなんや」

と声を揃えていいます。

 

てんは「そうなんや。ただ・・・」と考えこむ表情に。

『てんはまだドキドキが止まらないようです』とナレーションが入ります。

 

てん「なあお母はん笑いの色が何色か知ってはる?」

しず「さあ何色やろね〜」

風太「笑いに色なんかないって言ってるやろ」

 

そんな話をしていると、ハツから最近泥棒が出ているから気をつけるようにと言われます。

「赤や」と思いついたように声を出すしずなのでした。

 

減っていくお酒

ため息をつく儀兵衛。

後ろからのぞいているてんに「なんや」と儀兵衛。本当に背中にも目があるみたいです。

 

仕事場では、お酒が少なくなっていることが話題になる藤岡屋の手伝いたち。

お客さん用の高いお酒に手をだしたのは、風太ではないかと疑いがかけられてしまいます。

 

「僕が盗み食いしたのは、紅白まんじゅうです」と打ち明けます。

驚く手伝いたち!

風太は酒瓶に印をつけて「明日確かめてみたらええ」と番頭たち話します。

 

笑いの色は何色?

一方、てんは藤吉がいう『笑いの色』が気になり、新一に聞きにきます

「めでたい色かな?」と新一に聞かれて想像を膨らませるてん。

 

「チョコレート・・・きっとチョコレートの色や!」と思いついた新一!

  • 茶らける
  • 茶化す
  • お茶目

とノートに書くと笑いに関する言葉は茶色が多いことに気づきます!

「なんで、なんでやろ!」と嬉々とするてん。

 

新一はお坊さんから聞いた話では、お茶を飲むとほっとするという話をします。

新一にできつくてんですが・・・

「お茶の色は緑色や」と冷静に伝えます。

「え?」と新一。

二人はコップにはいったお茶を見つめるのでした。

 

(『コーン』・・・鐘がなる音)

 

二人は笑って、新一は喘息で咳き込んでしまいます。

「けど、おもろこというやっちゃな」と新一。

「日本一の芸人さんなんや」とてん。

てんは新一に話すために、落語を見にいったことを打ち明けます。

 

でも、違うことにびっくりしたことを話ます。

それはみんなが笑って幸せそうだったことでした。

 

化け猫

よなよな勉強をする儀兵衛。

ため息をつきながらも頑張ります。

 

翌朝、風太がお酒の中身を確かめると・・・

「ほんまに減ってる!」と驚く風太。

そこに手伝いたちがやってきて「白々しい・・・」とまだ風太を疑うのでした。

 

「わてやないで」と風太。

「ネズミやないんなら、化け猫ちゃうか?」とハツがやってきます。

 

化け猫の話に怖がるてんや風太。

「これ以上詮索するとあんさんら祟られまっせ」とハツはたしなめます。

 

化け猫の正体

化け猫の正体を確かめようとするてんと風太。

寝そうになってしまう二人でしたが・・・

物音がします!

 

何者かが茶碗を取り出しお酒を注いて・・・

飲んでいます・・・

てんは口を抑えて驚きます。

 

その正体は・・・

儀兵衛だったのです!!

 

わろてんか4話の感想

4話ではてんの恋心に対する反応や福くんがメインだったので、「大きくなったね」といった声も!

儀兵衛としずの馴れ初めが気になっている方もいました。

 

わろてんか5話のネタバレ

もう二度とわらわん!

ご飯を食べながら、てんは心配そうに父を見つめます。

食卓ではお酒の話に・・・

「化け猫ですなあ」とハツがいうと足早にてんは「ごちそうさまでした」と去ってしまいます。

驚くしずとハツ・・・

 

外で歩く風太とてん。

風太はてんの様子が違うことに気づきます。

てんは儀兵衛のいう通り、笑わないで過ごそうと決めたのでした。

「もう二度と笑わん」とてん・・・

 

化け猫を生み出した責任

てんが戻ってくると心配そうに声をかけるしず。

すると・・・「うちのせいや・・・うちのせいで、おとうはんが・・・化け猫になってしまいはった・・・」と泣き出すてん。

「お酒のことやなあ」としず。

 

てんは自分が笑ってしまい、パーティーをめちゃくちゃにしてしまったことを気にしているのでした。

しずはドイツの薬会社と取引したがっているという話をします。

それは、新一の病気を治すためなのでした。

 

ドイツとの取引がうまく行かずこっそりお酒を飲むようになった儀兵衛の話をするしず。

「やっぱり、うちのせいで・・・」と責任を感じるてんに、しずはそれは違うと気にしないように伝えします。

 

土下座

てんは、パーティーをしたドイツ人を見つけて、頭を下げます。

前日のことを詫び、土下座して父や兄のことを話すてん。

鬼気迫るてんの姿に驚いた風太も一緒に土下座します。

 

新一は、儀兵衛にしっかり跡を継ぐから安心して欲しいという話をします。それと同時に、これからは日本で薬を作る時代になるという話をします。

自分の病を退治して、儀兵衛が安心して隠居できるくらいの実力をつけると宣言するのでした。

 

「おおきに!」と話の途中で儀兵衛。

「そやから、てんのことも・・・」と言いかけた新一の話を最後まで聞かず部屋をさります。

 

笑い禁止令解除

儀兵衛は部屋をでると、目の前にはてんが!

「なんや」という儀兵衛を前に「おとうはん、すんまへん」と泣きながら土下座するてん。

驚いた顔でてんを見つめる儀兵衛。

風太は「あのドイツさんにおうてきました」と儀兵衛に伝えます。

「なんやと」と驚く儀兵衛。

 

「旦那さんが化け猫になったのは自分のせいやと・・・」と風太。

「おとうはんすんまへん。うちのせいでおとうはんが化け猫に・・・」涙を流すてん。

「そんなん、あほなこと・・・」

「そんなんゆうたら、おとうはんがお酒を・・・」

 

「よっしゃ!」

儀兵衛は台所へ急ぎ足で向かい、お酒を取り出し、流しに流してしまいます。

驚く、番頭、手代たち。

「あなた」としずは驚きます。

「てん、風太、酒瓶みんなもってこい」と儀兵衛。

 

儀兵衛「これでもう二度とうちに化け猫は出てこおへん」「てんが化け猫退治してくれた」

てん「おとうはん」

儀兵衛「笑ってよし」「ただ、笑いすぎたらいかん」

 

抱き合うてんと儀兵衛。

「よっしゃ!これで腹一杯笑えるで」と喜ぶ風太。

 

こうして笑い禁止令は解除されます。

 

期待はずれ

薬祭りの終わり。

お参りに行く藤岡屋。

 

終わったあと、妹を風太に任せて、てんは寄せを見にいくことに・・・

そこでは俄(にわか=今でいうコント)が行われていました。

 

すると、いのししの姿をした藤吉が「ブヒー」と途中で出てきます!笑

いきなりの出来事に聴衆はブーイング。

「帰れー」と下にある石を投げつけます。

 

藤吉は『義士(ぎし)役』ででるはずでしたが『猪(しし)役』と勘違いしてしまったのでした!笑

てんは期待しいた光景とは全く違う藤吉の姿に唖然としてしまいます。

 

わろてんか5話の感想

https://twitter.com/ogratoastdagaya/status/916174948669939712

5話では儀兵衛がお酒をやめる姿や新一のはいスペック具合が目立ったとの感想が!

俄かの語源となるお笑いの昔のスタイルが出てきたり、勉強になったという声もありました。

 

わろてんか6話のネタバレ

藤吉の初舞台

舞台の裏で緊張をほぐすために『人』の文字を書いて飲んでいる藤吉。

てんには大見得を切っていましたが、実は初の舞台なのでした。

 

「え?獅子?あかんもう五段目や」と藤吉は飛び出します。

「まだ、四段目!」とキースが言いますが、藤吉には聞こえていません。

 

『ぶひーーー!!!』

 

藤吉が飛び出すと・・・

 

「アホ!」「帰れ!」

と罵声が飛び交います・・・

 

呆然とする藤吉。

キースが機転を利かせて、「討ち入り前に猪鍋で一杯いくとするか」と笑いを取りながら藤吉を舞台裏に・・・

 

「今度は逃げおった。しょーもない獅子じゃわい」

と観客・・・

 

てんは、驚いた様子で舞台裏に・・・

 

驚かれるてん。

「キースさん、藤吉さんは?」と話かけると。

リリコが「可愛いかんざしやないの。御祝儀がわりにもろとくわ」とてんのかんざしをとってしまいます。

 

嘘をついて、「藤吉ならばあっちやで」と間違った方向を案内しますが、キースがかんざしを取り返し正しい方向を「こっちやで」と案内します。

あっかんべーするリリコ。てんは驚きます!

永遠のライバルであり、親友になる予定の2人なのですが果たして?

 

落ち込む藤吉

落ち込んだ様子の藤吉。

「てんごのてんちゃんが来たで」とキースは明るく話かけます。

 

藤吉は「おー、てんごのてんちゃんか。残念やったなぁ。今終わったところや〜」

「見てなかったか、おれの芝居。もうみんな大笑いでなあ〜。わっはっは〜って・・・」とごまかそうとしますが・・・

 

「全部見られとったで」とキース。

「え〜・・・」「そうか。見られてもうたか・・・」と藤吉は元気がありません。

「ま、気にすんなよ!稽古より上達しとったさかい」とキースが励ますも落ち込んだままです。

 

「あかんわ〜」とキースはてんに藤吉を励ますように促します。

キース「あれで」

てん「あれ?」

キース「あれや〜。藤吉にやっとったやつ」「あるやんか〜。あの、とろけるやつ!」

てん「とろける〜?」

「悪いんやけど、今日はいんでくれるか」と藤吉。

「堪忍な〜」と藤吉は今にも泣きそうな声です。

 

てんは帰り道、悩んだ末にチョコレートのことを思い出します。

走り出すてん!

家に戻ると新一が驚きます。

 

笑いの色の正解は?

チョコレートを持って、寄席にやってくるてん。

そこには掃除をしている藤吉が・・・

 

風太は藤吉を探します。

その近くの屋根上には藤吉とてんがいました。

 

藤吉「優しいなあ。さっきのおれの初舞台やったんや」「えらい受けてたやろ・・・」

「でも、あれは嘘やないで」「日本の芸人やゆうんは」「ま、ずっと先なんやけどな」

てん「・・・」

藤吉「そいたらあれや、笑いの色は何色かわかったか?」

てん「はい、茶色」と手をあげて答えます。

藤吉「なんでわかった?さすがてんごのおてんちゃんや〜」

てん「ほんまは兄さんに教えてもろたの」

藤吉「頭のいいお兄さんやなあ。なかええんか家族」

 

てんはお父さんは怖いけど仲がいいことを伝えます。

一方で、藤吉の家族の仲はよくないことや笑いの世界はそれにくらげて「こころがあったこうなる」と話します。

 

「たった一人でもわろおてくれたら、その笑いが広がってみんなが幸せになってくれると思うんやけれどな」

と藤吉は話し、芸を披露しはじめます。

笑い始めるてん。

「なんで受けたん?」と不思議がるてんに、藤吉は口の周りにチョコレートがついているのに気づきます。

 

「てんかの泥棒、チョコ衛門とはお・れ・の・こ・と・よ〜」

とてんの前で披露する藤吉。

 

てんは笑顔になります。

「君は僕の芸にわろてくれた第一号のお客さんや」

「これからもその笑顔でわろてんか

てんのの頭を撫でる藤吉。

 

『これがはじまりでした』とナレーション。

 

藤吉は、これから日本中を旅して、手紙をてんに送ることを誓います。

チョコのお礼に、鈴のついたちいさな鳥のキーホルダーのようなものを渡します。

鈴を鳴らして笑顔になるてん。

 

手紙

「ご苦労さんです」

風太は手紙を受け取ると藤吉から来ている手紙に驚きます。

 

手紙を破ろうとして・・・

儀兵衛に見つかり、ニンマリとごまかす風太!笑

 

「手紙届いたで、旦那さんには気付かれんようにしといたからな」

喜ぶてん。手紙を読み始めます。

 

時はたち・・・

手紙を渡す風太(濱田岳)。

「おおきに風太〜!」と風太の手を握り上下させるてん(葵わかな)

 

藤吉がどこにいる聞かれると喜びながら想像を含ませるてん。

外に出ていき、てんは木の下で手紙を読みながら笑顔になります。

 

わろてんか6話の感想

1週目の最後の6話では朝ドラのテンプレ化についてや子役への違和感がなかったという反応も!

様々な反応がありますが、視聴率としては高い水準でスタートをきっています。

最初から松坂桃李さんや千葉雄大さんなどイケメン俳優を起用して癒し効果を得られたのがよかったのかもしれませんね。

次週は高橋一生さんが登場するので、かなり楽しみです。

 

まとめ

1週目のネタバレは以上です。

2週目以降はまた別ページでお伝えしていきますので、よろしくお願いします。

コメントもお待ちしております。

 

見逃したドラマが今すぐみれるって知ってる? 見逃したドラマを視聴する方法

スマホでもタブレットでも、パソコンがあればいつでもどこでも、ネットでドラマが見れる時代になりました。

無料トライアル期間中に解約すれば、月額料金は一切発生しません。

PandoraやDailymotionなどにアップロードされている動画は違法です。当サイトでは安全に高画質で視聴していただけるサービスのみご紹介しています。

※配信状況は変更になる可能性があります。配信先にて一度ご確認の上ご登録下さい。

FOD(フジテレビオンデマンド)
  • フジテレビ作品全般

FODをお試し

Hulu

  • 日テレ系作品全般

Huluをお試し

U-NEXT

  • 朝ドラ
  • テレ朝系作品
  • フジテレビ火曜22時枠

U-NEXTをお試し

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。