竹内涼真の歌 うまい理由を5つの観点から分析

竹内涼真 歌うまい理由

「竹内涼真さんの歌がうまい過ぎる」と番組に出るたびに注目が集まっていますよね。

 

果たしてなぜこんなにも上手いのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

この記事では竹内涼真さんが今まで番組で歌ってきた素晴らしい歌とともに、歌がうまい5つの理由を分析しました。

 

竹内涼真さんの歌がうま過ぎると話題に

ここでは竹内涼真さんが今まで歌ってきた歌についてまとめていきます。

テレビでは高校3年生から披露しているのですが、果たしてその頃から上手かったのでしょうか?

 

『永遠にともに』(コブクロ)

こちらが高校3年生のときに歌った歌を番組で放送しているシーンです。

高校の頃はプロのサッカー選手を目指してユースで頑張っていた竹内涼真さん。送別会ではコブクロの歌をチームメイトに披露しました。

この時から既にかなり歌が上手いことがわかります。

その後もどんどん歌が上手くなっていくのですが、歌が上手くなる環境で育っていたもかもしれませんね。

 

『home』(木山裕策)

こちらは番組で『home』を披露したときの竹内涼真さん。

歌が上手いことで知られるトレンディエンジェルの斎藤さんも思わず驚くほどのウマさです!

「想像以上」というコメントがあるくらいのウマさは共演者のみなさんも驚きの声で盛り上がりを見せています。

 

竹内涼真さんはもともと木山裕策(きやまゆうさく)さんの『home』が好きで、Elliott Yamin(エリオット ヤミン)さんが『home』をカヴァーするのをよく聴いていたことをインタビューで答えています。

竹内涼真さんの歌い方はビブラートなどをたくさん使っていますが、それはElliott Yaminさんの影響もあるそうです。

Elliott Yaminさんの『home』はコチラ↓

 

『夏の終わりのハーモニー』(玉置浩二)

『夏の終わりのハーモニー』を歌う竹内涼真さん。

ちょっと恥ずかしがりながらも歌っている姿が可愛らしいですね。

有名な歌ですが、竹内涼真さんの世代の曲ではないので、実はご両親が音楽好きで影響をたくさん受けていたのかもしれませんね。

 

映画『orange』主題歌『未来』(コブクロ)

映画『orange』でヒロインを務めた土屋太鳳(つちやたお)さんのために、主題歌になっているコブクロの『未来』を歌う竹内涼真さん。

土屋太鳳さんの歌も上手いのですが、竹内涼真さんの歌がやはりかなり上手いですね。

先ほどの高校3年生のときの歌声と比べてもパワーアップしている感じがします。

 

『15の夜』(尾崎豊)

尾崎豊さんの『15の夜』を熱唱する竹内涼真さん。

役柄のためかちょっと歌い方が違いますが、やはり安定してウマさがありますね!

時をかける少女のドラマ版の放送は2016年でした。

 

素敵な歌をテレビで披露している竹内涼真さん。

果たしてなぜ歌がうまいのでしょうか??その理由を5つの視点から分析してみました。

 

竹内涼真さんの歌がうまい理由は5つ

小さい頃から歌が好きだった

竹内涼真さんは2014年に10月から『仮面ライダー ドライブ』の放送に関するインタビューを受けているときに、撮影などで疲れたときのリラックス方法として歌を歌うことををあげています。

そして、歌は小さいころから眠たくなる前に歌いたくなるクセがあり、自分が歌っているとなぜか眠くなることを明かしています。

 

小さい頃から歌う習慣があったからこそ、発声に必要で普段鍛えられない筋肉も鍛えられていたり、上手く歌うための発声方法も自然と工夫して身につけることができたのかもしれません。

また、歌う習慣があったということはそれだけ音楽に触れる機会も多かったということなので、両親が音楽好きで日常的に音楽を聴いて育ったことは間違いないでしょう。

 

好きこそものの上手なれという言葉もありますが、まさにその通りなのかもしれませんね。

 

実力派の歌手をよく聴いている

先ほどの木山裕策さんやコブクロなどもそうですが、世代ではないにも関わらず玉置浩二さんを聴いているのはご両親の影響もあると思います。

そしてそれが、歌にも大きな影響をもたらしていると考えられます。

というのも玉置浩二さんはプロが選ぶ本当に上手い歌手で他の有名シンガーを抑えてダントツの1位を獲得しているんです。

幼い頃から優れた音楽を聴いていることが歌のウマさに一役買っているのかもしれませんね。

 

サッカーをやっていた

5歳の頃からサッカーをやっていた竹内涼真さん。

サッカーなどのスポーツをやっているととにかく体力が必要なので、走りこむと思います。

運動をやっていると体力だけでなく肺活量もつきますので、たくさん肺に息を入れることができるんです。

肺に息をたくさん入れることができると、発声するときに『息の支え』を作ることができます。

それによって厚みのある声を作ることができるんです。

竹内涼真さんの声が普通の人が歌った感じではなくプロっぽい感じがあるのはこういった要因もあります。

 

筋トレを始めた

竹内涼真さんは2014年の『仮面ライダードライブ』の放送前後に、「筋トレをしたい」とツイッターでつぶやいていました。

ツイッターでトレーナーさんと今ではやりとりしている姿もありますよね。

この頃から筋トレを始めていて、以前はツイッターでも「もっと筋肉があった方がいい」という話もありましたが、最近では写真集を出したり「かっこいい」という反応が増えています。

歌を上手く歌う際にはお腹の支えも重要ですので、そういった筋力がトレーニングの中でついてきたことも歌が上手くなった要因と言えます。

 

 

大声で歌うクセがある

竹内涼真さんのよだれに関する記事でもおお伝えしていますが、番組で大声で歌うクセがあることを告白している竹内涼真さん。

大声で歌うクセがあるということは普段から歌を歌わない人に比べて、歌を歌う為に必要な筋肉を鍛えることにも繋がりますし、自分にとって気持ちいい歌い方を研究することになります。

頻繁に歌を歌っていれば、それだけ歌が上手くなりますし、下手になることもないと言えるでしょう。

 

竹内涼真さんの歌のうまさに対するネットの反応は?

ネットでの反応を見ると歌が上手いことが好きな理由の1つとしてあげている方も多くいました。

竹内涼真さんを好きな理由として歌が上手い以外にも、

  • イケメン
  • 気取らない
  • 高身長
  • スポーツができる
  • トークもできる

など人柄やマルチな才能などが魅力に繋がっているようです。

人を惹きつける魅力がたくさんあるということはそれだけ、自分を知ってもらう機会や好きになってもらう機会をたくさん得られるということですよね。

マルチな才能が今の竹内涼真さんの人気を生み出している要素であると考えると売れっ子になっている理由にも納得感がありますね。

 

まとめ

竹内涼真さんは、小さい頃から優れた音楽に触れたり歌を歌う習慣があったりと様々な要因から歌が上手くなる条件が自然と揃っていたと言えるでしょう。

なかなか、自然と歌が上手くなるというのはありませんが、歌が好きでストレス解消など日常的に歌うことが多かったのが一番の秘訣かもしれませんね。

竹内涼真さんのように歌が上手くなりたいという方はぜひ日常的に歌うという方法を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

見逃したドラマが今すぐみれるって知ってる? 見逃したドラマを視聴する方法

スマホでもタブレットでも、パソコンがあればいつでもどこでも、ネットでドラマが見れる時代になりました。

無料トライアル期間中に解約すれば、月額料金は一切発生しません。

PandoraやDailymotionなどにアップロードされている動画は違法です。当サイトでは安全に高画質で視聴していただけるサービスのみご紹介しています。

※配信状況は変更になる可能性があります。配信先にて一度ご確認の上ご登録下さい。

FOD(フジテレビオンデマンド)
  • フジテレビ作品全般

FODをお試し

Hulu

  • 日テレ系作品全般

Huluをお試し

U-NEXT

  • 朝ドラ
  • テレ朝系作品
  • フジテレビ火曜22時枠

U-NEXTをお試し

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。